結婚写真を綺麗に残す方を選択しました。

さあ、結婚するぞと決めたのが21歳の時です。10歳年上のダンナと付き合いだして約2年経過した辺りでした。まだわたし自身短期大学を卒業して勤めだしてから1年経っていな時期でした。なのでそれなりに毎月貯蓄してましたがまだまだ多いとは言えない状態でした。

そして、ダンナはどちらかといえば、浪費家でしかも一人暮らしだったためこれまたあまり貯金がない状態でした。このままでは結婚式を挙げるのは、無理だなと思っていましたが、偶然、両家ともそれなにりにこども達の結婚式資金を準備していてくれたいうありがたい状態でもありました。親に助けてもらっての結婚という事でかなり恐縮してもいました。ですからできるだけ予算を抑えるようにと心がけていました。出せる分はできるだけ自分達で出そうとも思っていました。その中で思い出となる映像をどのように残すかとなりました。一般的はビデオ撮影と写真となるでしょう。これをどちらもプロにお願いするのは、ちょっと金額が上がってしまいます。どちらをお願いするかと悩みました。カメラは基本的に式に招待した人がたくさん持ってきて撮影してくれるからその写真をまとめたらいいという意見も多く聞きました。逆に、ビデオ撮影の方を綺麗に撮るのは難しいのでそちらをプロにお願いするほうがいいなども多かったです。でもわたし自身式が結婚式の後、何度もビデオを視聴するとは思えなかったです。なぜなら、結婚式自体気恥ずかしく感じていました。だからビデオ撮影自体いらないと思っていたほどです。でもダンナはせっかくなんだかビデオ撮影をなんらかの形でしたいいいだしていました。そんな時親戚のお兄さんが、やはりビデオはあまりみなくなるけど写真は、さっと見られるし、やはりプロが撮ったのは綺麗に残るから写真は是非ともプロにお願いするといい。と言われました。その通りだと思い、ビデオ撮影はダンナが、急遽購入したのがあったのでそれで撮ってもらえるよう友達にお願いする事にしました。

そして式の間の写真撮影はプロの方にお願いする事したのです。それはわたし自身にピッタリの選択でした。結婚式の後招待した方々からたくさん結婚写真を頂きましたが、断然、綺麗に撮れていたのはやはりプロのカメラマンの写真でした。さらに偶然そのカメラマンの方わたしの高校の先輩だと言う事が式の最中に判明し余計に力をいれて撮影くれたようです。とてもありがたい偶然でした。今もこの選択でよかったなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*